[お金を借りる前に見る!]
[消費者金融豆知識]


1-1.金利負担は予想以上

金利1%の重みを知ろう


お金を借りると利息を払うことになるわけですが、この利息の負担はかなり重いものになります。

大手の消費者金融の無担保ローンの金利は、新規借入れで18%程度のものがが主流です(2008年1月現在)。とはいっても、金利28%などと高金利のものもまだあります。

この金利、少しでも低いほうがいいですよ。数パーセントだからと甘くみていてはいけません。
例えば、100万円を借りているとしましょう。
金利18%だとすると、1か月間の利息は15,000円となります。
金利28%になると、1か月間の利息は23,333円。
金利28%だと、18%の時に比べて約1.5倍の利息を払わなくてはいけないということです。

この状態が長期間に渡ると、更に差がでてきます。
100万円を借入れ3年(36回)で返済するとします。
金利18%の時、毎月の返済額はおよそ36,100円、総返済額は130万円。
金利28%だと、毎月の返済額はおよそ41,300円、総返済額は149万円となります。

月々の返済額も5000円ほど変わってきますし、総返済額で見ると約19万円の差となっていますね。

金利差だけではなく、支払う利息そのものにも注目ですよ。
100万円を借りて、金利28%、3年返済で総返済額は149万円とのことでした。ということは、100万円の借入れに対しておよそ150万円、約1.5倍の金額を返済しているということなのです。返済額の3分の1は利息だったということ。
この負担はかなり大きいですよね。

金利と一言で言っても、少しの金利差や期間の違いで、びっくりするほどの返済の差がでてきます。また、利息の金額そのものも、返済額のかなりの割合を占めることになります。

お金を借りるとなったら、1%の金利差にも敏感に比較することが大切です。月々に支払うべき返済額を計算するようにしましょう。
また、支払うべき利息の合計も把握しておきましょう。利息の金額を見て、お金を借りない方法を考えてみる……ということにもなるかもしれません。審査が甘いからといって金利の高い消費者金融を選ばないように。
まずは、お金を借りる前に支払うべき利息を計算してみましょう。

(*) 便宜上、1か月の利息を年利の12分の1として計算しています。返済例は、基本的な利息計算に基づいています。実際の返済額は異なります。

お金を借りるということTOP
トップページに戻る

Copyright 2004-2014 by ブルースター(株)
無断転載を禁止します