[お金を借りる前に見る!]
[消費者金融豆知識]


4-3.返済方法

繰上げ返済の効果


消費者金融(消費者ローン)での返済方式は「残高スライドリボルビンク」が多く採用されています。この残高スライドリボ方式は、利用限度額内は何度も借りることができ、月々の返済額も残高にあわせて決められるというものでした。

ただ、返済期間が決まっておらず、予想以上に返済期間が長くなり、負担する利息が高額になることも。

返済額として提示される金額は最低の返済金額です。この返済額に従ってお金を返していても、元金はなかなか減らないということ。この状況を避けるには、少しでも返済額を増やすことです。

例えば、30万円を金利18%、残高スライドリボルビング方式で借りるとするとします。返済額は、借入残高 1万円~10万円では月4,000円、10万円~20万円では月8,000円、20万円~30万円では月11,000円の契約としましょう。

この時、返済額に従って支払っていれば、返済期間は5年と3か月、総返済額は約42万円でした。

この時、毎月5,000円を上乗せして返済したとしましょう。返済額は、借入残高 1万円~10万円では月9,000円、10万円~20万円では月13,000円、20万円~30万円では月16,000円。すると、返済期間は2年と6か月。総返済額は約36万円。返済期間は約半分に、返済額は6万円も減りました。

月々の支払いを多くするのは難しい時、ボーナス月だけ返済を増やすというのも効果的です。この増額分を高額にすると、かなりの違いがでてきますよ。他えば、年に2回、返済額を5万円増額するとします。すると、返済期間は2年、返済額は約35万円に!返済期間は約3分の1に、返済額は7万円も減額されました。

このように、少しずつでも返済額を増やしていくと、返済期間が短くなり利息負担分も減っていきます。提示された返済額だけを返していくのではなくて、少しでも余分に返済していきましょう。この上乗せの返済分は、全て元金の返済にあてられ、効果的に元金が減っていきます。繰上げ返済の効果ですね。

余裕がある時は積極的に返済額を増やしていきましょう。

(*) 便宜上、1か月の利息を年利の12分の1として計算しています。返済例は、基本的な利息計算に基づいています。実際の返済額は異なります。


「お金を借りる」辞典に戻る
トップページに戻る

Copyright 2004-2014 by ブルースター(株)
無断転載を禁止します