[お金を借りる前に見る!]
[消費者金融豆知識]


出資法
(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律)


貸金業に関する法律。「利息制限法」と並んで貸金業を規定している。

出資法の上限金利は29.2%と定められ、これを超える金利の契約をした場合は罰せられるため、実質上の上限金利はこの出資法の上限金利と解釈されてきた。

他方の「利息制限法」の上限金利は、15~20%となっており、この間の金利を「グレーゾーン金利」と呼ばれている。

用語集に戻る
トップページに戻る

Copyright 2004-2014 by ブルースター(株)
無断転載を禁止します