[お金を借りる前に見る!]
[消費者金融豆知識]


遅延損害金


返済期限までに返済をせずに、返済が遅れた場合に損害賠償として支払うべきお金。

一般的には、遅延損害金は「約定金利の○倍」などと定められているが、「利息制限法」により遅延損害金にも上限が決められている。その上限金利は利息制限法の上限金利の1.46倍以内となっており、 元本10万円未満の利息は年利29.2%、10万円以上100万円未満の年利は26.28%、100万円以上は年利21.9%となり利息負担は大きいものとなる。

この遅延損害金が発生すると、返済したお金はまずこの遅延損害金に充てられることになり、次に利息、残りが元金に充当されるので、更に元金が減らないことになる。

用語集に戻る
トップページに戻る

Copyright 2004-2014 by ブルースター(株)
無断転載を禁止します