[お金を借りる前に見る!]
[消費者金融豆知識]


民事再生


2000年4月1日施行の「民事再生法」に基づく再建型の債務整理。
その中の「小規模個人再生」は、継続的に収入が見込まれ、住宅ローンを除く債務が3,000万円以下の場合に適用される。
その再生計画は、3ヶ月に一回以上の返済で、原則として3年以内に債務の5分の1または100万円のいずれか多い額を返済するという要件を満たす必要がある。
この再生計画案が裁判所に認可され、再生計画案を実行すれば残りの借金は免除される。

自己破産と違い、財産を処分されないが継続的な収入の見込みがないと適用できない。ギャンブルでの借金は個人民事再生では適用できる。

用語集に戻る
トップページに戻る

Copyright 2004-2014 by ブルースター(株)
無断転載を禁止します