[お金を借りる前に見る!]
[消費者金融豆知識]


リボルビング払い(リボ払い)
(リボルビングシステム)


利用金額に関わらず、利用者が設定した毎月一定の金額を支払うクレジットの決済方法。
一定の利用限度額内で借入れと返済を繰り返すことができる。
クレジットカード会社はポイントや商品券などのキャンペーンによって魅力をつけている
「分割払い」は返済回数を決め、購入金額÷支払回数=毎月の元本返済額+支払い手数料(年率8%~17%程度)となるが、リボルビング払い(リボ払い)は、毎月の最低支払額が決められる。このため、ついつい支払い回数が長くなる傾向にある。
また、リボルビング払いが残っているカードで更に購入をしても毎月の支払額は変わらない。得した気になるかも、しれないが新たに購入した商品のお金の支払いは前の商品の支払いが完了しないと支払いが開始されないため、まるまる借り入れとなり、支払い手数料(年率8%~17%程度)が重荷となる。
借り入れ総額を確認せずにリボ払いによる買い物を続けるとすぐにカード利用上限となったり、返済不能に陥り、自己破産への扉が開くとことなるので注意したい。
このように借入れを繰り返していると、返済が終わらないので注意したい。

一般の消費者金融(ローン)は残高スライドリボルビング方式を採用しているところが多い。

[関連コンテンツ]
返済プランの落とし穴 リボ払い
用語集に戻る
トップページに戻る

Copyright 2004-2014 by ブルースター(株)
無断転載を禁止します