[お金を借りる前に見る!]
[消費者金融豆知識]


支払い延滞情報


借金の借り入れが指定期日になされなかった場合には、電話などにより引き落としがされなかったとして督促がなされます。

この督促によって引き落としや振込などがなされた場合には、支払い延滞とはならないことが通常ですが、この電話などを旅行中などの理由でしらなかった場合にも、引き落としや支払い予定日から10日~14日(金融機関による)後には、支払い延滞情報として、信用情報機関に情報が流れます。

この情報は、おおよそ5年程の期間信用情報機関に保管されます。

この情報は、支払い延滞情報として、新規の借り入れを作る場合やクレジットカードの新規契約、ローンの新規申込にマイナス要因として働きます。

いわゆるブラックリストです。


用語集に戻る
トップページに戻る

Copyright 2004-2014 by ブルースター(株)
無断転載を禁止します